事業を進める上でウェブサイトやホームページが大事な理由。

今の日本人の生活習慣としてその情報が本当なのかどうなのかと言うことを深掘りする癖がついてしまってます。

例えば美味しいお店だとしても本当においしいのかいろんな人の意見が知りたい。

そのお店に駐車場はあるのかないのかと言うような補足情報も調べようとします。

同じように飲食店であれば間取りはどうなっているのか完全個室なのかそれとも簡易的な仕切りで終わってるのか。

料理の種類や値段だけじゃなくて注文の仕方や自分が行きたい時に誰と行くのかによってどのお店を使おうかと言うような考え方が出てきます。

そしてそういった情報を収集する際に基本的にはウェブ情報としてGoogleで検索したりティックトックやInstagramなどで検索をすると言うような感じになるわけです。

という事はその時に公開している情報の中にあなたの授業が入っていなければ見てもらう可能性はゼロになるわけです。

そうすると話題性から認知度を上げるといったことに関してなかなか上がらないと言うような感じになってしまいます。

授業をやるとしてそれでいいのかと言う事ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Previous post 物やサービスを買うためのチェックポイントが多くなってきた
Next post 物を買う時のチェックポイントをクリアすれば物やサービスは売れる