物を買う時のチェックポイントをクリアすれば物やサービスは売れる

勘違いしてもらっては困ることが1つありますウェブを使えばなんでもかんでも売れると言う話ではありません。

あくまでものを買うときのチェックポイントをクリアするための情報を公開して伝えることができると言う事ですね。

前のページでは車のミニバンについての話で例として話しましたが、このミニバンについてもいろいろ設定や種類で車両を選ぶときに必要な情報っていうのがあります。

例えばスライドドアが付いているのか付いていないのか、
そのスライドドアはオートスライドドアなのか?

車両のヘッドライトは明るいLEDなのかそれとも従来のハロゲンランプなのか?

2つ目のシートはどういう風に動くのか倒れる形で3列目の移動を促進するのかもしくはスライドして移動すると言う形なのか?

運転席側からスライドドアを制御することができるのかできないのか?

2列目の座席からからエアコンの操作ができるのかできないのか?

このような条件が複数絡んだ上で最終的な費用と言うもので買えるか買えないか買うか買わないかと言うことを判断するわけです。

と言う事は車を売ると言うサイトである例えば有名なカーセンサーって言うサイトがありますが、それを見ていただけるとわかります。

先ほど私が申し上げたような情報は基本的に全て掲載されております。

要はユーザが買いたいと思うチェックポイントは既に項目として掲載されてあってそしてそれを見てその車両の情報を高めていくと言うわけです。

これがもし情報がもっと断片的で大事な部分が書いていないと言う場合であった場合はそもそもこの車両を買うべきなのか買っていいのか買おうかなと言う判断にすらならないと言うわけになるわけです。

 

そりゃそうですよね、車として求める内容に細かい情報があるっていうのは家族構成であったり生活習慣であったり働いてる仕事であったりって言うところで乗りたい車と便利な車っていうところの判断基準が変わるのは当然です。

と言うことであればその判断基準である情報があるかないかって言うところがとても大事になると言うわけですね。

 

 

だからこそ事業者であれば自分が売っている物に対してユーザからどう思われるだろうかユーザはこういう風に考えたりしないだろうかと言うことを前もって考えたり運営しながらでも新たに気付いたりとかしたことに関してはしっかり情報掲載していくと言うことを行う必要が出てくると言うわけです。

 

そしてその情報を適切に見せたい人に見せれるようなリンクの仕方などで誘導できることができればものは売れるしサービスも買ってもらいやすくなると言うわけですね。

だからこそ検索のSEO対策っていうのもその中の工程の1つと言うことになるので順位が上がればいいと言うわけではなくて上がった後にどうするのかって言うことも視野に入れた上でホームページの設計をしなければならないと言うわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Previous post 事業を進める上でウェブサイトやホームページが大事な理由。