物やサービスを買うためのチェックポイントが多くなってきた

ユーザが何かモノやサービスを買いたいと思った時に決めるプロセスというのがとても複雑で細くなりました。

例えば家族で大きな車としてミニバンを買おうと思った時に、パンフレットやディーラーなどに行って話を聞く場合はある程度の情報でもうこれでいいやと言うことでえいっと物事を決めていました。

生活習慣や家族構成が多様化してきた現代であれば、簡単にじゃあその車を買おうと言う感じで結論するのはなかなか難しくなってきています。

家族構成といったものや普段の使い方そして燃費といったようなことが複雑に絡んでくるからです。

だからこそそういった情報を調べると言うことになるのですがその情報調べに行く時間さえもなかなか厳しくなってきていると言う現状があります。

家族揃っていくと言うようなことがなかなか難しいと言うこともあったりするでしょう。

そういった時に必要なものを必要な情報を仕入れると言う場合にネットと言う技術はとてもよく解りやすく調べることができるツールと言うことです。

その時にじゃあ例えばトヨタのノアヴォクシーといったような車両があったときにその商品についての情報がなければ買いたいと言うふうになるかどうかの母数が、減ってしまいます。

その母数が減ってしまうとどうなるかってなると認知度も下がるしその車の良いところ細かく悪いところも出てくる可能性もあるけど基本的にその車両の良いところと言うところを見ることができなくなりますできなくなると言うチャンスが減ると言う事ですね。

そうすると別にこれは車のミニバンに限ったことではなくてあなたがやっている商売の認知度を高めたりとかって言う風なことも全て関係してくるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next post 事業を進める上でウェブサイトやホームページが大事な理由。